img_main_title.jpgimg_main_title.jpg

HOME研究会 > 2014年6月19日

img_title_SEMINAR.jpg

清泉女子大学大学院地球市民学専攻「公開セミナー」

テーマ  ジェンダーの視点から考える減災と災害復興
講 師   越智方美氏(独立行政法人 国立女性教育会館 研究国際室 専門職員)
日 時    2014年6月19日 18:10〜20:30
場 所   清泉女子大学 本館 大会議室


講師プロフィール

 上智大学外国語学部フランス語学科卒業。英国・イースト・アングリア大学大学院修士課程修了(開発とジェンダー専攻)。お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了(社会科学・博士)。

 上智大学卒業後、外資系企業でマーケティングや人事業務を担当。英国留学を経て、2003年より東京都で男女平等推進研修の企画業務に従事。2009年より現職。国立女性教育会館では国際連携事業を担当し、社会学の視点から女性移民や日本やアジア諸国のジェンダー平等政策について研究を行う。2014年度から清泉女子大学大学院地球市民学専攻非常勤講師も務める。


報告の概要

 東日本大震災の発生から3年が経過しました。災害直後の緊急避難そして復興過程で、日本社会の脆弱性、とりわけ女性や外国籍住人、障がいを持つ被災者の声が反映されない現状が明らかになりました。こうした経験から現在、男女共同参画・ジェンダーの視点を組み込んだ災害・復興支援や防災体制作りの必要性が認識されています。

 本セミナーでは、諸外国におけるジェンダーに配慮した防災・減災への取り組みや、国連での動向も視野に入れて報告し、参加者の皆さんとともに議論したいと思います。


セミナーの記録

ochi1.jpg 東日本大震災の発生から3年が経過した現在、被災地では暮らしの再生に向けた様々な取り組みが行われている。自然災害の影響は、性別にかかわりなく発生すると従来、考えられてきたが、実際には被災者のジェンダーにより異なり、そのため減災・災害復興にジェンダー視点が求められていることが近年、明らかになってきた。この報告では、東日本大震災の教訓をふまえ、避難時と災害復興時におけるジェンダー課題について述べた後、海外での事例や国際社会における減災と災害復興過程でのジェンダー主流化の傾向について触れ、日本の課題について言及する。

避難時のジェンダー課題
 災害時には日常生活でのジェンダー・バイアスが強化される傾向がある。例えば東日本大震災後に被災地で設置された避難所では、運営責任者の多くが男性であったため、女性被災者のニーズに対し、充分な配慮が払われなかった。仕切りのない避難所での生活では、授乳や着替えの場所がなく、女性被災者が布団の中で周囲の視線を気にしながら着替えたり、女性用の物干し場がないため、下着を干しづらいなどの問題が生じた。また、がれき処理をおこなう男性には日当が支払われる反面、女性は当然のように何十人分もの炊き出しを割り振られ、女性たちの貢献は無償のまま、被災者間で性別役割分業が内面化され、強化されていった。上記に加え、支援物資は集まったが、生理用品、おむつが不足し、粉ミルクがあっても、哺乳びんや離乳食がないなど物資の備蓄や提供に関連する問題も発生した。夜間の照明設備がない避難所では、女性被災者の安全・安心の確保も大きな課題となった。
 このような事態に対応するため、複数の避難所で女性専用スペースが設置されたほか、女性警察官の巡回や性暴力被害の相談窓口などが開設された。女性専用スペースでは女性スタッフが常駐し、更衣室、授乳室として利用可能なカーテンで仕切った個室でプライバシーが守られる空間が設置されたほか、専用スペースは被災者と地元の女性たちとの交流の場所としても機能した。

災害復興期のジェンダー課題
 災害復興期のジェンダー課題として、仮設住宅で暮らす女性被災者の経済的自立と、男性被災者の健康問題のふたつをあげることができる。
 仮設住宅の多くは遠隔地に建設されたため、買い物や通院のような日常生活に不便が生じている。このような課題に対応した好事例のひとつとして、被災女性による買い物代行サービスがある。買い物代行サービスは、岩手県内のNPO法人が枠組みを作り、女性被災者が実施主体として運営している。この事業は、女性被災者の自立を促進する取組みであるとともに、独り暮らしの高齢者の見守りという役割も担っている。

 男性被災者のニーズとしては、健康問題がある。厚生労働省がおこなった調査では、「震災前後の成人の飲酒量の変化は陸前高田市、石巻市ともに、飲酒量が増加している者は、女性が3%台であるのに対し、男性では約7~12%と高くなっていることが明らかになった(『東日本大震災被災者の健康状態等に関する調査』)。飲酒量の増加のほかにも、仮設住宅で生活する男性被災者は、近隣の付き合いが希薄になり閉じこもりがちであり、運動不足や生活習慣病の悪化 、配偶者の他界による欠食から生じる健康悪化、近隣とのトラブルなどを抱えている。仮設住宅に引きこもりがちな被災男性の地域社会への参画を促すため、石巻市役所が男性被災者を対象とした「大橋メンズクラブ健康教室」を実施している。

海外の事例
 自然災害が多発しているアジア・太平洋地域でも、ジェンダーに配慮した減災・災害復興の重要性の認識が高まっている。
 2004年12月26日スマトラ沖大地震発生時に多数の女性犠牲者を生んだ一因として、スリランカのジェンダーに係る社会規範があることが、ジェンダー研究者や支援者により指摘されている。具体的には、丈の長い民族衣装であるサリーの着用や長い髪、女性が人前で肌をさらすことが推奨されないため、女児が水泳を習う機会がなかったことによって、多くの女性たちが津波の犠牲となったことが調査から明らかになっている。またジェンダーの視点を組み込んだ防災キャンペーン(パキスタン)や四川大地震の被災者による刺繍工芸品の製作、販売を通じた女性被災者支援(中国)など、各国で多様な取組がおこなわれている。

ochi2.jpg国際社会における取り組み
 国際社会における、災害とジェンダーに関する取組としては、国連女性の地位委員会(CSW=Commission on Status of Women)での決議がある。2012年に開催された第56回CSWでは、「自然災害におけるジェンダー平等と女性のエンパワーメント」決議が、2014年の第58回CSWでは、「自然災害とジェンダー」の決議が採択されている。いずれも日本政府が決議案を提出し、79カ国の共同提案国(2014年度)を得て、採択されたものである。決議では災害に強い社会づくりとともに、それに向けた平常時からの女性の社会参画の重要性が協調されている。CSWでの決議に加え、2015年3月には仙台市で「第3回国連防災世界会議」が開催される予定であり、ジェンダー視点に基づいた減災・災害復興という考え方は、グローバル・スタンダードとなりつつある。

ジェンダーに配慮した減災対策に求められていること
 日本では自治会長に占める女性は、4.4%、農業委員会に占める女性の割合は6.1%, 漁協役員に占める女性の割合は0.4%と、女性の社会参画が進んでいない(数値はいずれも、『男女共同参画白書 平成25年版』)。平時からの意思決定部門への女性の参画を進める実効性のある取り組みが求められている。

講演後の質疑応答
 質疑応答では、避難所運営のノウハウの見直しなどのいわゆる「実践的ジェンダー・ニーズ」と、平常時からの女性の意思決定部門への参画促進に代表される「戦略的ジェンダー・ニーズ」を腑分けしてとらえる必要性や、女性被災者の経済的自立支援の持続可能性などについて、活発な議論がおこなわれた。
 また、スリランカの事例については、各国の文化や社会規範に外部の援助関係者がどこまで踏み込むことができるかについても、意見が交わされた。

参考文献
ウィメンズネット・こうべ編、 2004、『災害と女性 ~防災・復興に女性の参画を』
越智方美、2012、「災害復興とジェンダー」、 『NWEC実践研究』 Vol.2 (2012. 2) 、158~168頁
国立女性教育会館、2012、『平成23年度 NWEC国際シンポジウム報告書 災害復興とジェンダー』、国立女性教育会館
二瓶由美子、「女性の震災体験を伝えたい」、内橋克人編、2011、『大震災のなかで:私たちは何をなすべきか』、岩波新書
日本弁護士連合会 編著、2011,『災害復興 東日本大震災後の日本社会の在り方を問う ――女性こそ主役に!――』 、日本加除出版
みやぎの女性支援を記録する会、2012、『女たちが動く: 東日本大震災と男女共同参画視点の支援』、 生活思想社
村田晶子編著、2012、 『復興に女性たちの声を : 「3・11」とジェンダー』 早稲田大学出版部
Enarson, Elaine and P.G. Dhar Chakrabarti eds., 2009, Women, Gender and Disaster Global Issues and Initiatives, London, Sage Publications.
Gender Equality Bureau Cabinet Office Government of Japan, 2014, Gender Equality and Disaster Risk Reduction Learning From Adversity, Tokyo, Gender Equality Bureau Cabinet Office .

PAGE \* MERGEFORMAT 4

>> 当日のスライド(抜粋)をダウンロード

img_side_GCS.jpgimg_side_GCS.jpg

img_side_FW.jpgimg_side_FW.jpg

img_side_SEMINAR.jpgimg_side_SEMINAR.jpg

img_side_NEWS.jpgimg_side_NEWS.jpg

img_side_CONTACT.jpgimg_side_CONTACT.jpg

img_side_HOME.jpgimg_side_HOME.jpg