img_main_title.jpgimg_main_title.jpg

img_photo_yamamoto.jpg
山本 達也(やまもと・たつや)
清泉女子大学 地球市民学科 准教授

専門
国際関係論、公共政策論、情報社会論

学歴
博士(政策・メディア)慶應義塾大学
修士(政策・メディア)慶應義塾大学
学士(総合政策学)慶應義塾大学

職歴
シリア国立アレッポ大学学術交流日本センター主幹・客員研究員
慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)
名古屋商科大学コミュニケーション学部准教授

現在の研究関心
1. ソーシャルメディア時代における民主主義の質的変容
2. エネルギー環境の構造的変化が及ぼす政治的・経済的・社会的影響
3. サイバー戦争、サイバーセキュリティ、プライバシー、デモクラシーの関係性

研究プロジェクト
1. ソーシャルメディアの普及・発展と民主主義の変容(日本学術振興会科学研究費)
2. 中東政治変動の研究:「アラブの春」の現状と課題(日本国際問題研究所)
3. 石油ピーク問題と次世代未来戦略に関する研究(日本工学アカデミー)
4. イスラーム世界における情報化の進展と政治・社会変容(電気通信普及財団)

所属学会
1. 日本国際政治学会
2. 日本政治学会
3. 日本比較政治学会
4. 日本公共政策学会
5. 情報社会学会
6. International Studies Association

社会活動など
NPO法人「もったいない学会」理事

主要著書
1. 『革命と騒乱のエジプト:ソーシャルメディアとピーク・オイルの政治学』慶應義塾大学出版会、2014年。
2. 『アラブ諸国の情報統制:インターネット・コントロールの政治学』慶應義塾大学出版会、2008年。
3. 『シリア・レバノンを知るための64章』(共著)明石出版、2013年。
4. 『イスラームの豊かさを考える』(共著)丸善出版、2011年。
5. 『政治の見方』(共編著)八千代出版、2010年。
6. 『ネットの高い壁:新たな国境紛争と文化衝突』(共著)NTT出版、2009年。
7. 『政策過程分析の最前線』(共著)慶應義塾大学出版会、2008年。
8. 『国家の現在』(共著)芦書房、2007年。
9. 『政治のレシピ:[旬の素材]で読むニッポン事情』(共著)メタ・ブレーン、2006年。
10. 『かわりゆく国家』(共著)一藝社、2002年。
11. 『サイバーポリティクス:IT社会の政治学』(共著)一藝社、2001年。

論文
1. 「エジプトにおけるメディア空間の変容と民主化」『NUCB Journal of Economics and Information Science』第57巻、第2号、2013年、183-192頁。
2. 「ソーシャルメディアと『アラブの春』:『動員革命』と『透明性革命』」『アステイオン』第77巻、2012年、52-66頁。
3. 「アラブ政治変動とニューメディア」『国際問題』第605号(2011年10月号)、2011年、10-18頁。
4. 「『アラブの春』にみるソーシャルメディアの影響力」『中東研究』第512号、2011年、19-25頁。
5. 「アラブ諸国における情報化の進展と民主化」『NUCB Journal of Economics and Information Science』第56巻、第1号、2011年、121-138頁。
6. 「石油減耗期におけるエネルギー技術政策の制約と国際秩序への影響」『NUCB Journal of Economics and Information Science』第55巻、第2号、2011年、251-266頁。
7. 「アラブ・イスラーム圏におけるインターネット上の新しい壁とアラブ人情報智民」『情報社会学会誌』第3巻、第2号、2009年、77-87頁。
8. 「アラブ諸国の情報通信政策:インターネット・コントロールを中心に」『中東動向分析』第7巻、第2号、2008年、2~28頁。
9. 「政府によるインターネット・コントロールとイスラーム:中東におけるインターネット・コントロールの現状と展望に関する一考察」『KEIO SFC JOURNAL』第4巻、第1号、2006年、54-74頁。
10. 「中東における情報化の進展と政治的変化」『国際政治』第141号、2005年、115-131頁。
11. ”ICT Development and the Dictator's Dilemma in the Middle East: The Case of Syrian Arab Republic,” Journal of Systemics, Cybernetics and Informations, Vol.2 No.2, 2004.
12. "The Current Situation of ICT Development in the Middle East and ICT Support Policies: The Case of Syrian Arab Republic," in Jose Carrasquero, Friedrich Welsch, Claudia Urrea and Chen-Dong Tso (eds.), Politics and Information Systems: Technologies and Applications, Orlando: International Institute of Informatics and Systemics, 2003.
13. 「米国におけるエルサレム関連法案をめぐるパワーゲームの構造:米国ユダヤ・ロビーの影響力とその限界」政策分析ネットワークプログラム委員会編『政策メッセ'99論文集』政策分析ネットワーク、2000年。

報告書
1. 「インターネットのコントロールとガバナンス」『国家と市場をめぐるガバナンスの研究:国家をめぐるガバナンス・市場をめぐるガバナンス報告書 No.3』日本大学法学部政経研究所、2010年、92-101頁。
2. 『開発途上国における情報化の進展とICT支援政策:中東アラブ諸国の事例を中心に 』国際協力機構、2004年。(2003年度JICA準客員研究員 報告書)

学会発表
1. 「中東政治変動におけるインターネットの役割」(日本政治学会、東京:早稲田大学、2014年10月12日)
2. 「ソーシャルメディア時代における『科学の政治化』と民主主義」(日本公共政策学会、福島:コラッセ福島、2013年6月1日)
3. 「アラブ諸国における政治変動とソーシャルメディア」(日本国際政治学会、つくば:つくば国際会議場、2011年11月12日)
4. 「アラブ諸国における民主化の阻害要因」(日本政治学会、岡山:岡山大学、2011年10月8日)
5. 「非民主主義国におけるICTと公共政策:政府によるインターネット・コントロール政策の限界か?」(日本公共政策学会、札幌:北海学園大学、2011年6月18日)
6. 「新しい情報通信技術の普及と民主化:民主化支援の視点を交えながら」(日本比較政治学会、東京:東京外国語大学、2010年6月20日)
7. 「石油減耗期におけるエネルギー技術政策の制約と方向性」(日本公共政策学会、浜松:静岡文化芸術大学、2010年6月6日)
8. 「アラブ・イスラーム圏におけるインターネット上の新しい壁とアラブ人情報智民」(情報社会学会、東京:多摩大学ルネッサンスセンター、2009年1月31日)
9. 「グローバリゼーションへのアラブ諸国の対応:インターネット関連政策を中心に」(日本国際政治学会、福岡:福岡国際会議場、2007年10月27日)
10. 「イラク戦争後の中東における選挙と民主化:民主化の国際要因を見る視点を交えながら」(日本選挙学会、東京:上智大学、2006年5月20日)
11. ”Japanese Experience on ICT Development and Digital Divide: Can Japan Convert from 'Catch Up' Strategy to 'Looking Forward' Strategy?”(Colloque international en e-management: L'information et la connaissance: Nouveaux atouts de la competitivite des enterprises et des economies maghrebines, Tunis: Tunisia, June 2004)
12. "The Current Situation of ICT Development in the Middle East and ICT Support Policies: The Case of Syrian Arab Republic" (PISTA03,Orlando: Florida, July 2003)
13. 「日本型中東和平支援政策の全体像とその効果」(政策分析ネットワーク、東京、2001年12月)
14. " Japanese ICT Support Policy toward Developing Countries : Implication from Bangladesh case" (INET2001,Stockholm, June 2001)
15. 「米国における対エルサレム法案をめぐるパワーゲームの構造」(政策分析ネットワーク、東京、1999年12月)

マスメディアによる研究などの紹介
1. 『マル激トーク・オン・ディマンド』第676回(2013年03月29日):ロシアのクリミア編入に見る新しい国際秩序
2. 『Nelson Mail』紙(2013年9月10日):ニュージーランドでの「フィールドワーク」科目の紹介
3. 『マル激トーク・オン・ディマンド』第645回(2013年08月24日):エジプトの争乱に見る近代の終わりの始まり
4. 『FACTA』誌(2013年9月号):「エジプト政変」の裏に人口問題と油田減衰
5. 『週刊文春』誌(2012年10月18日号):中東における対日および対中イメージ
6. 『アル=ハヤート』誌(2011年5月8日):中東政治変動に関する座談会
7. NHKラジオ国際放送『Japan & World Update』(2011年2月18日):「アラブの春」について
8. NHKテレビ『ニュース深読み』(2011年2月12日):エジプト政変とICT
9. 読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』(2011年1月28日):チュニジア政変とICT

img_side_GCS.jpgimg_side_GCS.jpg

img_side_FW.jpgimg_side_FW.jpg

img_side_SEMINAR.jpgimg_side_SEMINAR.jpg

img_side_NEWS.jpgimg_side_NEWS.jpg

img_side_CONTACT.jpgimg_side_CONTACT.jpg

img_side_HOME.jpgimg_side_HOME.jpg